パンケーキ愛がとまらない

 

> 相性の研究をする

相性の研究をする

パンケーキと相性のいい飲みものと言えば、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。スイーツ系のパンケーキであれば、コーヒーや紅茶を選ぶ人が多いでしょうし、ランチにする場合はスープを選ぶ人もいるでしょう。ディナーとして、肉や野菜がたっぷり添えられたパンケーキを楽しむのであれば、ワインやシャンパンなどのアルコールを選ぶ人も少なくないかもしれません。ほんのりと甘いパンケーキは、どんな飲みものとの相性もいいと言うことができるのではないでしょうか。

飲みものだけでなく、トッピングなどの添えるものを選べるのも、多くの人が惹かれる理由のひとつなのではないでしょうか。スタンダードにハチミツとバターという人もいれば、コンフィチュールやホイップクリーム、チョコレートやアイスクリームを選ぶという人もいるでしょう。さらには、刻んだナッツや季節のフルーツなど、添えるものを組み合わせることによって、さまざまな味や見た目を楽しむことができるのも特徴です。

スイーツ系だけでもこれだけ多くのトッピングがあるというのに、ここにミール系が加わると、さらに組み合わせは広がります。新鮮な野菜と一緒に食べるか、それともポテトサラダにするか。たっぷりと卵を使ったオムレツにするか、するとしたらケチャップで食べるのかホワイトソースにするのか。こんがりと焼き目がついた、ジューシーなソーセージも捨てがたいし、家では食べることがない厚切りのベーコンも捨てがたい、といったように、オーダーを決めるまでにずいぶんと時間がかかるという人もいるのではないでしょうか。

ほんのりとした甘さだからこそ、甘いものを合わせても、塩気のある食べものと合わせてもおいしく食べることができる、それこそが、パンケーキが人を惹きつけてやまない理由なのかもしれません。「結局は、自分がなにを食べたいか、なにが好きかではないか」そう思う人もいるでしょうし、まったくもってそれは正解なのです。

その日の体調や気分に合わせて、どんな組み合わせのメニューにするかを決めることが大切であり、それは、自分との相性を考えるということでもあり、パンケーキとサイドの相性を考えるということでもあるのです。また、自分がどの専門店やカフェのパンケーキと相性がいいのかを考えることも大切でしょう。店もメニューも豊富に用意されているからこそ、自分との相性を考えて、もっとも惹かれるパンケーキを見つけることこそが非常に重要になるのです。